テクノロジーを駆使して、未知の感覚を提供する

MRグラスを使った3Dマップ情報共有

KDDIが販売するMRグラス「nreal light」を使用した3D地図共有サービスを製作し、神戸市職員向けにデモを実施しました。

目的はMRグラス着用が当たり前になった時代に都市の情報インフラと経済活動において、
行政上の法整備が不可欠な点からMRグラスを利用した行政のユースケースを体験していただくためです。

デモの内容は、ARで表示された神戸市の三宮駅周辺の3Dマップを使い、再開発が予定されている土地に建設予定の建物を重ねて表示するものから、屋外広告を実物と同じサイズで確認したりする体験ができるものなど、複数のモードを切り替えて様々なユースケースを体験いただきました。

他には災害時の避難情報や被災状況の可視化、大量の観光スポットの写真を一度に空間上で眺める等を行いました。

  • 弊社は日本Nreal株式会社のEvangelistです
  • 本件は神戸市の社会実験プロジェクト「Be Smart KOBE」採択事業です

cnet Japan様に取り上げていただきました